【無料メルマガ配信中!】

読者3万人以上のサイト運営者用情報発信メルマガ!SEOや成約率UPの秘訣を全て公開中!

Webサイトの一級建築士

ホームページ作成|東京(個人事業/SOHO)

Div Design代表 池本 真人

中小企業・個人事業者専門

定額&格安ホームページ作成

≪個人事業/SOHOのDiv Design≫

東京都目黒区自由が丘3-10-18

TEL/FAX:03-3724-0660

MAIL:web@divdesign.jp

【ホームページ製作請負地域】

都内近郊のみならず、日本全国よりサイト制作を請け負っています。遠方の方の場合、電話やメール、スカイプのみで打ち合わせを行い、制作を進めていくことも可能です。

【HP製作打ち合わせ可能地域】

東急東横線(みなとみらい線)、東急大井町線沿線の自由が丘駅にて1時間程度の打ち合わせを行います。スケジュールの都合上、こちらからお伺いすることは出来ませんので、どうぞご了承下さい。

世界標準のXHTMLによる制作W3C勧告のスタイルシートによるデザイン

当Webサイトは、IT地球温暖化対策(植林活動)に協力しています。

 
検索エンジンSEO対策

3大検索エンジンSEO対策

このページでは、3大検索エンジンそれぞれの特徴と簡単な解説を掲載しています。この3つの検索エンジンが現在の主流であり、まだしばらくは三つ巴の情勢は続くでしょう。3つともに重要ですので、今後も動向に注目していく必要があります。

◆3大検索エンジンとは

3大検索エンジンとは、Yahoo!、Google、Bing(旧MSN)の3つの検索エンジンのことです。この3つ以外にも検索エンジンは数多くありますが、インターネットユーザーの利用シェアは圧倒的に3大エンジンが占めています。つまり、この3つの検索エンジンに検索されるように対策を取ることが、SEO対策ということになります。


それぞれの利用率は、現在(2007年)、欧米ではGoogleがシェアのトップにいますが、日本を含む東アジア諸国ではYahoo!が強い人気を持っています。二番手がGoogle、三番手がBingというところです。日本では、パソコンに詳しい人がGoogle、詳しくない人がYahoo!を使用する傾向にあります。


さて、これら3つの検索エンジンへのSEO対策はどうすればいいのでしょうか。まずはそれぞれの違いについて知る必要があります。それでは3大検索エンジンの違いについて見ていきましょう。

◆Yahoo!(ヤフー)とは

Yahoo!とは、Yahoo!社(米)が運営するWEBサイトのことで、1995年から検索サービスが始まりました。検索エンジンの草分け的存在で、世界に類を見ない早さで急成長を遂げました。現在では、検索サービスのみではなく、ネットオークション、フリーメール、ニュース速報等、様々なサービスを展開しています。


日本でのサービスは、1996年にソフトバンクがYahoo!社(米)と共同でスタートし、Yahoo!JAPANとして独自性を強めています。Yahoo!BB(ADSLサービス)や福岡ヤフードーム等、日本国内での知名度は非常に高く、日本でのYahoo!利用率は6割を超えると言われています(2007年現在)。


ネットショップを開設するのであれば、Yahoo!へのSEO対策は必須です。利用率の高さからもわかりますが、Yahoo!を利用する購買層は大変多く、Yahoo!で上位表示されるのとされないのでは大きな違いが出ます。


また日本ではYahoo!カテゴリの利用率が高く、29.7%(2006年)という数値が出ています。日本ではYahoo!カテゴリ登録も重要となってきます。

※Yahoo!カテゴリについては、Yahoo!のSEO対策を参照してください。


◆Google(グーグル)とは

Googleとは、Yahoo!に遅れること3年、1998年にGoogle社(米)により始まったサービスでYahoo!と同じく驚異的な早さで急成長を遂げました。検索速度は非常に早く、欧米では5割〜7割程度の利用シェア(2006年)を持っています。検索エンジン以外でも、Googleマップ、Googleアース等、数多くの魅力あるサービスを提供しています。


日本では2000年からサービスを開始し、Yahoo!に次ぐ利用シェアを持ち、そのシェアは広まりつつあります(2007年現在)。Googleでは独自にWEBページのランク付けを行なっており、人気の高いページが上位表示されるようにし、検索エンジンの有用性を高めています。


Googleの利用者は主に中級者〜上級者と言われています。現在では、日本での利用率はYahoo!よりやや劣るものの、知名度が上がると共に利用者は増え続けており、GoogleへのSEO対策も必須だと言えます。


◆Bing(旧MSN)とは

MSNとは、Microsoft社(米)が1996年より行なっているWEBサイトのことで、検索エンジン以外では、フリーメール(Hotmail)、ニュース速報等のサービスも行なっています。


2005年にリニューアルし、新しい検索エンジンの運用を行なっています。新しい検索エンジンの開発には、相当力を入れており、Googleと同等以上の検索精度を目指していると言われています。(2007年現在)


MSNの利用層はYahoo!と重なっていると言われています。2008年3月現在、Microsoft社によるYahoo!買収のニュースで話題になっていますが、これから攻勢をかけてくると見られているだけに、集客の面からもSEO対策はしっかりとしておいた方がいいでしょう。


2009年6月からMSNはBingと名称を変更しました。同年7月にMicrosoftとYahoo!が提携を結び、Yahoo!はBing検索エンジンを採用することを発表しています。


◆SEO対策方法関連リンク

⇒ SEO対策の基本のキーワードとは。

⇒ 東京Div DesignのSEO対策実績例。

⇒ 3大検索エンジンの違いとSEO対策について。

⇒ Yahoo!のSEO対策方法とは。

⇒ GoogleのSEO対策方法とは。

⇒ BingのSEO対策方法とは。

⇒ ディレクトリ型検索エンジンの重要性とは。

⇒ Yahoo!カテゴリのメリットと重要性とは?

⇒ クロスリスティングのメリットと重要性とは?

⇒ Jリスティングのメリットと重要性とは?

⇒ iディレクトリのメリットと重要性とは?

⇒ SiteListエントリーのメリットと重要性とは?

⇒ e-まちタウンリスティングのメリットと重要性とは?

⇒ 1件100円で質の良いリンク先へ登録!

⇒ 無料SEO情報のステップメール配信!

⇒ 検索エンジン上位表示&安定化テキスト販売。